人気ブログランキング |

<   2011年 12月 ( 46 )   > この月の画像一覧

おおみそかを迎えた湯崎の生活相談所。
昨日お知らせしたように、お正月用の飾りも頂き、今のところなんとか無事新しい年を迎えられそうです。

今日夕方、事務所スタッフで集まり、あらたなポスターも貼りだしました。
f0129416_19312897.jpg


f0129416_19254275.jpg

f0129416_19261774.jpg


10月の新装オープン以来、地元のみなさんをはじめ多くの方に立ち寄って頂きました。
住民いじめの政治がつづく中、生活に困った方の相談も増えています。

来年も皆さまのお役に立てる相談所として運営していきたいと思いますので、どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。

1年の最後に事務所のスタッフよりひとことごあいさつをさせて頂きます。

 生活相談所でのお手伝いをさせていただき、早5年位経つでしょうか。相談者の方の話を聞き、高田由一さんに連絡するだけの仕事で、相談者の方がどれだけつらく悲しいことであったのか深く追求することはできません。ただ大変な時は「助けて下さい」と口に出していいんだと思っています。相手の心にそっとふれるおもてなしを心がけております。相談者のみならず、お見えになられた方にもおいしいお茶をお出ししています。ちょっと寒いけどOpen Caféもあります。お気軽にお立ち寄りください。お待ちしています。K・O

f0129416_9372741.jpg


 こんどこそずっと!高田県議の活動をみなさんにお知らせしたいとの思いで、当選以来、ブログやホームページ・通信などの広報を担当させて頂き光栄に思っています。
 これからもしっかりと高田よしかず県議と応援して下さるみなさんの活動をご報告させて頂きたいと思っています。このブログはチェック担当の方の協力も得て、高田県議と力あわせて綴りつづけていきたいと思いますので情報提供などのご協力よろしくお願いします。 T・M

f0129416_9383346.jpg


f0129416_18394579.jpg
公式ホームページはこちら

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。
ご面倒ですが、クリックのご協力よろしくお願いします。

f0129416_971470.jpg

写真は春の県議選挙での街頭演説

新春2日、白浜町議とともに、街頭で新春のごあいさつをさせて頂く予定です。
みかけられた方はご声援よろしくお願いします。

 東日本大震災から9ヶ月あまりがたちましたが、いまだにゆくえ不明が3400人をこえています。寒さのなかで仮設住宅での暮らしも続いています。

 福島原発事故で故郷を追われて避難生活を余儀なくされている人は15万人にのぼっています。事故をおこした原発の炉心がどうなっているかはいまだにわからないという深刻な事態が続いています。

 わたしたち和歌山県民にとってたいへんつらい経験となったのは、台風12号がもたらした大災害です。あらためて、被災されたみなさまにお見舞い申しあげますとともに、県会議員として災害復興への努力を続けていく決意を申し上げます。

 こうした災害におそわれた昨年でしたが、「絆」という言葉がわたしたちの心をとらえたように、災害のなかで国民、市民がおたがいに助け合い励ましあう姿が広がりました。台風12号に襲われたわたしたちの地域でも、おたがいに助け合う姿が当たり前のように広がり、県内外から多くの方がボランティア活動に加わってくれました。
 
 わたしたち日本共産党南地区委員会でも、災害ボランティアを受け入れたところ、多くの方が支援に駆けつけてくれ、沢山の支援物資も届けられました。本当にありがたいことでした。

 国民がこうやって必死になって助け合っているときに、国の政治はどうでしょうか。自民党や公明党の政権から民主党の政権にかわって2年4ヶ月。「せっかく政権交代を実現したのに残念だ」といいう声が広がっています。理由ははっきりしています。民主党政権が国民の期待を次から次へと裏切ってきたからです。

◆アメリカ軍の訓練で暮らしがおびやかされている沖縄。「普天間基地は国外、県外へ移します」――民主党はその公約を破って、同じ沖縄のなかに基地をつくろうとしています。とんでもない裏切りです。

◆福島原発事故のあと、当時の総理大臣菅さんは、いちどは「原発に依存しない社会を」と主張しましたが、その後は腰砕けに終わってしまいました。

◆TPP問題はどうでしょうか。日本の農業、漁業、林業。さらには医療や公共事業までアメリカからの圧力でガタガタにされてしまう。「TPP交渉には参加するべきではない」――世論調査でも半分の方がそう考えているのに、野田総理は「交渉への参加」を表明しました。とんでもないことです。

◆年末に民主党野田内閣があきらかにした来年度予算案をみて、多くの方がびっくりしています。年金を引き下げる。介護保険料や利用料は引き上げる。原発を推進するための予算として4811億円。その一方で、消費税を3年後の2015年からは10%にする。だれがみても「国民いじめ」の政治ではないでしょうか。

 わたしたち日本共産党は、今の政治を「国民のための政治」に切り換えていくためには、「ふたつの異常」をなくすことが大事だと考えています。「アメリカべったり」という異常。そして「財界・大企業べったり」という異常です。この「ふたつの異常」をなくし「国民が主人公」の政治を実現するために、わたしたち日本共産党は今年も全力でがんばります。「住民が主人公の和歌山県」「国民が主人公の日本」――そのために、みなさまのいっそうのご支援をお願いします。




f0129416_18394579.jpg
公式ホームページはこちら

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。
ご面倒ですが、クリックのご協力よろしくお願いします。

激動の2011年も残すところあと1日となりました。
湯崎の高田事務所には、広畑町議からお正月用のおもち、地元の後援会のみなさんからは正月用の飾りや生け花が届いているとの事。

明日、写真でご紹介したいと思います。

市田書記局長のインタビュー
「2011年を振り返って」

ぜひご覧ください。



高田よしかず県議の12月議会の議会だよりもできあがり、事務所に届いています。

しんぶん「赤旗」日刊紙には元旦に折りこみ、一般新聞は年明けに随時折りこんでお届けできるように準備をしています。

それから高田よしかず県議が8年ぶりに議席奪還したこの1年のあゆみをスライドにまとめてみました。こちらは、年明けに各地で予定されている新春のつどいで上映させてもらおうと思っています。

f0129416_211848.jpg



f0129416_18394579.jpg
公式ホームページはこちら

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。
ご面倒ですが、クリックのご協力よろしくお願いします。

今日の毎日新聞に吉井英勝議員の紹介が掲載されていますので、ご紹介します。

回顧:震災と政治家/ 
津波による原発事故を警告し続けた共産党議員、

◇「想定外」二度と使うな-

吉井英勝さん(69)


f0129416_19415048.jpg


04年12月のスマトラ沖大地震を機に、津波や地震による原発の電源喪失の可能性を警告してきました。老朽化している日本の原発を津波が直撃したらどうなるかと。国会で「炉心溶融(メルトダウン)や水素爆発など最悪の場合を想定し、対策をきちんと取らなければいけない」と追及したこともあります。

 当時の政府は「想定外」として私の質問をすべてスルーしましたが、不幸なことに、結果として私の懸念が的中してしまいました。

 震災後、自民党の二階俊博元経済産業相と国会内でばったり会いました。「(あなたが)言った通りになりました。きちんと対策を取るべきでした」と率直に話していました。

 震災後についても、菅政権は電源喪失した福島原発に対し、ベントや注水など炉心溶融を起こさせない対策を直ちにすべきでしたが、あまりに稚拙な対応で被害を拡大させました。放射性物質の拡散状況など、事故に関する情報公開も不十分でした。

 背景にあるのは、政官財、労組などの「原発利益共同体」です。原発推進の自民党や民主党による政権が「原発安全神話」を構造的に振りまき、あの事故に至ったのです。

 原発に対する国民世論は、震災後にずいぶん変わりました。政治を変えるのは国民の力。原発依存から、再生可能エネルギーへの転換を進めるべきです。政府や東京電力、関係機関は二度と「想定外」という言葉を使ってはいけません。【聞き手・犬飼直幸】=おわり

毎日新聞 2011年12月29日 東京朝刊



f0129416_18394579.jpg
公式ホームページはこちら

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。
ご面倒ですが、クリックのご協力よろしくお願いします。

今年も残すところあと3日となりました。

先日お知らせしたように、しんぶん「赤旗」日曜版は第2部、3部と特大号で、すでにぼちぼちと読者のみなさんのお手元に届けられているところもあることと思います。

新年号の高田通信は、いつものブログニュースではなく、高田県議の新年のあいさつのほか、国政選挙の候補者の紹介、そして県議団、田辺西牟婁議員団の紹介などとなっています。
事務所のスタッフからもひとことごあいさつを書かせてもらっています。

そして、この新年号より、より多くの方にお読み頂きたいということで、田辺市の日刊紙の読者のみなさんにもお届けさせてもらうことにします。

さらに今回はすさみ町で、新年の後援会ニュースをお配りする際にも同封させて頂きました。

新年号はいつもより相当数多めに印刷していますので、必要に応じておおいに活用して頂ければと思います。ぜひご連絡ください。

そんな中、今日は朝からうれしい電話がありました。
元田辺市議のSさんから「日刊紙1部増やしたよ」と。その方は私もよく知っている方だったので、うれしくて「ちょうど新年から田辺の日刊紙に高田通信を入れさせてもらうことになっていてあわせて読んでもらえてうれしい」とお話しするとSさんから「それはいい。あの通信はええ、高田県議の活動は田辺の人にもおおいに知ってもらわな、高田の活動はどこに出しても恥ずかしくない」と、大賛成してくれたのです。

みなさんの期待に応えられるよう、来年もひきつづいて内容の充実に努めたいと思います。

f0129416_0113946.jpg


by m-tomo




f0129416_18394579.jpg
公式ホームページはこちら

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。
ご面倒ですが、クリックのご協力よろしくお願いします。

私は、9月の県議会で明治の大水害(十津川大水害)から学ぶことの大切さについて発言しましたが、先日の和歌山大学などの台風12号災害についての報告会でも研究者から同様の発言がありました。自分の言ったことがそれほど的外れなものでなかったので、ほっとしています。
また過去の災害を知るためにきちんとボーリング調査などをすることがいかに大切かも言われていました。県としての独自の取り組みが必要です。
f0129416_19125552.jpg

f0129416_18394579.jpg
公式ホームページはこちら

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。
ご面倒ですが、クリックのご協力よろしくお願いします。

電力不足から石油ストーブの人気が高いようですが、我が家は前からジワーと暖かい石油ストーブのファンです。なにせ壊れない(紀州弁でいうと「もじけない」)のが何よりもいいところです。小さいのを使っていましたがファンヒーターが不調につきもう一台、大きめのを買いました。

f0129416_2305929.jpg
f0129416_18394579.jpg
公式ホームページはこちら

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。
ご面倒ですが、クリックのご協力よろしくお願いします。

日本共産党の発行するしんぶんには毎日の日刊紙と日曜日ごとに配達される日曜版があります。

年末にむけて、読者のみなさんには来年も引き続きお読みいただけるようお願いをするとともに、今お読みでない方にはぜひご購読をとお願いしているところです。

昨日は、高田県議が声かけをし、今日は地元の支部のみなさんの働きかけで二日間であわせて6人の方にお読み頂けるようになりました。

新年号の高田通信の県議のあいさつでも、お知り合いにぜひしんぶん「赤旗」をすすめて頂き、あわせて高田通信を読んでくださる方の輪を広げていただきたいとお願いさせてもらっています。

そのしんぶん「赤旗」ですが、政治の事以外にもとても充実した内容となっています。
今日の紙面を少しご紹介すると、昨日の日本フィギアスケートで浅田真央選手が逆転優勝した記事や、高校駅伝の記事などスポーツ欄も一般紙に見劣りしない充実ぶりです。さらにテレビ・ラジオ欄の内容も豊かで、今日は少し早い気もしますが、NHKの新年番組紹介がありました。その中から少しご紹介させてもらいます。

*******************
被災地に黄色いハンカチが

「ガレキに立つ黄色いハンカチ~山田洋次 震災と向き合う」
(総合2日午後10:15)

 山田洋次監督は、東日本大震災発生時、家族の絆をテーマにした映画「東京家族」のクランクイン直前でした。「大震災の前と後で日本人の心のあり方は大きく変わった」と山田洋次監督は撮影を延期、脚本を一から練り直すことを決意、被災地を巡り始めました。岩手県陸前高田市では、津波で全てを流された土地に黄色いハンカチを立て、復興のシンボルにした元大工さんのことを知ります。そして「幸福の黄色いハンカチ」上映会を開きます。倍賞千恵子も福島で、「男はつらいよ」の上映会に参加、吉永小百合も、独自にチャリチィ=や支援を行ってきました。

*******************
紙面での紹介はここまでですが、詳しくはNHKのホームページでどうぞ

同じページにはCS朝日ニュースター元日放送の
子どもが作る「原発、被ばくを考える番組」も必見かと。

このほかにも多彩な企画が次々と登場してきます。

日曜版の新年号もすでに特大号として事務所に届いていますが、本当に魅力的な記事が満載です。

f0129416_22241855.jpg


「言葉の力」と「共同の力」―――。今年の新春対談は、方言指導の先駆者、大原穣子さんと、日本共産党の志位和夫委員長です。方言から、東日本大震災など政治の課題まで、たがいの思いを語り合いました。

2012年も
「しんぶん赤旗」をひきつづきよろしくお願いします。




f0129416_18394579.jpg
公式ホームページはこちら

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。
ご面倒ですが、クリックのご協力よろしくお願いします。

今日の午後、田辺市のビッグユーで大水害の調査報告会がありました。地質や河川の専門家から詳細な報告があり大変、勉強になりました。
f0129416_22213151.jpg

f0129416_18394579.jpg
公式ホームページはこちら

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。
ご面倒ですが、クリックのご協力よろしくお願いします。

 先週日曜日の那智勝浦町での餅つき大会の事が、地元の熊野新聞に大きく掲載されました。

餅つき大会で迎春支援

応急仮設住宅で和やかに
 
日本共産党那智勝浦支部

 日本共産党那智勝浦支部や同支部後援会は18日、那智勝浦町天満須崎地区の応急仮設住宅敷地の一角で「年末支援もちつき大会」を催し、同支部関係有志や入居者ら約40人が一緒になって迎春準備を進め、支援物資などを届けた。

 同支部は台風12号災害以降、随時被災地を訪ねて支援活動を行っている。被災地から1週間後には市野々区に支援拠点を開いて串本名物のしょらさん鍋などをふるまい。その後政党のネットワークで支援物資が届くようになり、仲介して被災地各地に届けたり、泥かきなどで述べ300人以上が参加しているという。

 今回は堺市のボランティア有志から「年末なので餅つきの支援がしたい」との相談を受けた支部が、仮設住宅入居者らとも調整して計画した。

 当日は石臼一基が持ち込まれ、次々に蒸し上がる餅米をつきあげては丸める作業が好天の下で進められた。できたての餅などをみんなで分け合う横では、フリーマーケット形式で支援物資の配布もあり、厚手の服や生活必需品などを品定めする姿が目立った。

 また当日は高田由一県議や松坂県議らも参加。応急仮設住宅の立地状況や、過去に近くで発生した崩落場所などを視察しつつ、餅つきにも参加し入居者と交流した。

熊野新聞2011年12月22日付

********************









f0129416_18394579.jpg
公式ホームページはこちら

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。
ご面倒ですが、クリックのご協力よろしくお願いします。