人気ブログランキング |

<   2011年 08月 ( 46 )   > この月の画像一覧

今日午後、すさみ町佐本で県議選後はじめてのつどいが開かれ、はじめて参加された方も含めて多くの方が集まって下さいました。

まず、「日本共産党創立89周年記念講演ダイジェストDVD」を視聴していただきました。
その後、高田県議からまず、民主党代表の交代、あらたに組まれている体制など国政に触れ、「自民党政治を変えてほしい」という思いを「政権交代」に託した国民の願いを真っ向から裏切る流れに正面から対決して古い政治の枠組みを大本から変える、そのために国政での日本共産党への支持と、日本共産党を大きくするために力を貸してほしいと訴えました。

この夏被災地でたたかわれている選挙でも日本共産党への大きな期待が寄せられている事についても紹介。また、すさみ町議の向井仁さんが5月のボランティア活動参加に続き、20日間にわたって被災地での救援活動に参加して来たことも紹介されました。

このあと、原発の問題、放射能の危険について心配される若いお母さんたちの話、台風6号での被害とその後の対策について、6月議会の報告と続きました。

f0129416_940759.jpg


参加者のみなさんからは、6月議会の傍聴に参加した感想や、これまで何度となく訴え続けてきて実現していない道路整備について高田県議が早速町議と連携して振興局へ出向いて要望したり、県議会でもとりあげていることに期待の声が多く寄せられました。さらに介護に関する切実な要望などもたくさん聞かせて頂き、秋には振興局の職員さんにも現地に来てもらって、地元のみなさんの声を聞いてもらえるような機会をつくれないかと相談されました。

防災放送についての要望や、すさみ民報に掲げられた「自然エネルギーへの転換を」に関して、すさみ町ではかつて小規模な発電があちこちで行われていたこと、今でも活用できるのではないかといった提案も出されました。

活発な話し合いであっという間に予定の時間が過ぎました。あらためて集落毎に開くつどいの大切さを実感させてもらいました。

終了後、近くに最近開店した空き家を活用した喫茶店に立ち寄るとつどいに参加された方も集われていて、地域の中ですてきな憩の場になっている様子。仲の良いご夫婦での経営、ぜひともがんばって続けてもらいたいと思います。

帰り道には、つどいで出された「危険な思いをしながら毎日通っている」と言われる箇所を確認しながら車を走らせました。

f0129416_9413812.jpg


なお、野田政権についての日本共産党の見解はしんぶん「赤旗」主張をぜひお読みください。

野田首相指名 国民の批判に応える姿勢ない

by m-tomo


f0129416_18394579.jpg
公式ホームページはこちら

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村
ご面倒ですが、クリックのご協力よろしくお願いします。
注文していた放射線測定器がとどきました。2万5000円、ロシア製です。今日、試したところでは県などの公式測定値より高めの値がでましたが、機械の特徴のようです。どう使っていくか県議団で検討しますが、「ここ計ってみて」という希望があればお知らせください。
f0129416_21591817.jpg

by sss-takada

f0129416_18394579.jpg
公式ホームページはこちら

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村
ご面倒ですが、クリックのご協力よろしくお願いします。
田辺運送が経営破綻というニュースが流れて2週間がたちます。

昨日、年金機構田辺事務所(旧社会保険事務所)への申し入れに同席した真砂みよ子田辺市議と川﨑五一田辺市議のブログにその報告がされているので、紹介させて頂きます。

真砂みよ子のハッスル日記より

田辺運送が経営破綻して2週間経ちました。
本来なら解雇通知した8月15日に解雇手当(1ヶ月分)が支払われなければなりません。しかし、未だです。
今日は給与日ですが、それも未だです。
もっとひどいのは離職票がもらえていないため、失業保険の申請に行けないことです。
社長は姿を隠し、弁護士が代理人になっているのですが、労働者に支払う予定のお金が日本年金機構に差し押さえられているため払えないと言うのです。
そのため、日本年金機構田辺事務所に申し入れをすると言うので川﨑議員と共に同席しました。

つづきはこちら

ごいっちゃんの議員活動報告より

田辺運送の方々が年金機構田辺事務所(旧社会保険事務所)に申し入れに行くというので同席しました。
8月15日に倒産した田辺運送はそれ以前に年金の保険料を滞納していました。
その滞納分の保険料を年金機構が16日以降に差し押さえを執行したため従業員の解雇予告手当てならびに当月分給与、退職金に充当する収入がまわってこなくなりました。
滞納分の保険料に見合う収入や資産を年金機構が差し押さえることは通常の業務です。

つづきはこちら


f0129416_18394579.jpg
公式ホームページはこちら

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村
ご面倒ですが、クリックのご協力よろしくお願いします。
今日の午後、県庁まで田辺・西牟婁のPTA連合会から進路保障についての陳情に見えられました。進路希望の多い全日制普通科や総合学科の定員の維持と南紀高校すさみ分校の維持などを求める内容で高校受験を控える親御さんにとったら本当に心配な問題です。田辺、西牟婁の5人の県会議員も同席して県教育長にしっかり要望しました。
f0129416_155536.jpg

by sss-takada

f0129416_18394579.jpg
公式ホームページはこちら

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村
ご面倒ですが、クリックのご協力よろしくお願いします。
東日本大震災で延期されていた選挙がこの夏、東北各地で行われています。

昨日28日投開票の仙台市・盛岡市をはじめ市町村議選すべてで、東北地方の日本共産党候補者全員当選といううれしいニュースです。

特に仙台市では定数5減の中、1議席増の7人全員当選。その中には新旧交代で26歳の元銀行員「庄司あかり」さんも。以前赤旗で紹介されてずっと応援していました。

そして津波で破滅的な被害を受け、テレビでも度々報道される岩手県大槌町では、町議再選とともに、町長選で、日本共産党大槌支部も参加する「いのちと暮らしを守る町政をめざす会」が政策協定を結んで支持する候補者が初当選。「一日も早い復興計画を示して被災者に希望と勇気を与えたい」と訴えられたそうです。

国政では混迷際立つ民主党代表戦のまっただ中ですが、国が何ら希望をしめせない中、被災地の党が自らも被災しながら奮闘されていることは先日の党創立89周年記念講演会の中でも紹介されましたが、この夏の被災地各地でのたたかいでまさに、希望と勇気を与えるうれしい結果を生みだしています。

ひきつづき、9月11日投開票で高田県議らが救援ボランティア活動で訪れた岩手県で県知事選と県議選。あわせて陸前高田市議選も。

先日開かれた県議候補の事務所びらきでは400人がつめかけ、「県政史上初の日本共産党の複数議席を高田勝利で勝ち取ろう!」と力強くよびかけられたそうです。まるで年末にホテルシーモアで開かれた「高田よしかずをはげます演説会」を思いおこさせる写真が岩手県委員会のホームページに紹介されています。候補者の名は「高田一郎」さん高田由一県議と一文字違いで5月に岩手を訪れた際にも話題になっていた方です。前回はなんと200票差で涙をのまれたとか。
それこそ「こんどこそ!なんとしても!」当選してほしいと思います。

f0129416_6244959.jpg


そして陸前高田市ですが、こちらでは及川一郎市議が津波の際に最後まで避難を呼びかけられて自らの命を落とされたのですが、その遺志を継いで新人の候補者(伊勢純さん43歳)ー日本共産党救援復興事務局長ーも決まり3つの議席確保のために奮闘されています。先日は党派を超えた支持で8年間市長をつとめられ、現市長誕生にも力を尽くされた中里前市長が亡くなられるという悲しい知らせも届きましたが、お二人の遺志を継いだ皆さんがなんとしてもこの選挙勝利のためにと力あわせられていることと思います。


この南国和歌山の地からも熱いエールを送りたいと思いますが、まずはみなさん
日本共産党岩手県委員会のホームページをご覧ください。
県議一人で奮闘されている岩手県ですが、ホームページや各種民報も素晴らしい内容です。

by m-tomo



f0129416_18394579.jpg
公式ホームページはこちら

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村
ご面倒ですが、クリックのご協力よろしくお願いします。
陸上選手なら誰もが憧れる夢の舞台、世界陸上選手権が開幕しました。

今日のしんぶん「赤旗」でも潮流で、新たな扉を開けようとしている、南アフリカの短距離走者の話としてこの義足のスプリンターの事が紹介されています。

************************

きょうの潮流

新たな扉を開けようとしている、南アフリカの短距離走者の話を一つ。オスカー・ピストリウス(24)というパラリンピアンです▼生まれつき、すねの腓(ひ)骨がなく、生後11カ月で両ひざから下を切断した義足のランナー。その彼が、27日開幕した世界陸上(韓国・大(テ)邱(グ))で、世界のトップ選手と肩を並べ、男子400メートルに出場を果たします▼その足にもかかわらず、子どものころからテニスや水泳、ラグビーに親しみ、陸上で才能が開花しました。「自分は障害者とは思ってない。足がないだけ」という、強い心の持ち主。パラリンピックで四つの金メダルも手にしました▼記録的にも五輪が見えてきた北京五輪前、「壁」が立ちはだかります。国際陸上競技連盟が、カーボン製で弾力構造となっている彼の義足を、「器具による運動能力の向上」にあたるとし、一般の大会の出場を認めない決定を下したのです▼それでも、あきらめませんでした。「もう一度、調べてほしい」。スポーツ仲裁裁判所に提訴し、「証拠不十分」との判断を勝ち取ったのです。「このことに全力を尽くすのは自分の責任」と、後に続くもののためにも、道なき道を切り開いた瞬間でした▼モットーは、「自分の障害のせいで不可能なのではなく、自分の能力で可能にできる」。どんな困難も飛躍のエネルギーに変えてしまう、たくましさ。みずからの足で、どんな高みに登っていくのか、夢が広がります。第一歩となるレースは今日、スタートです。

************************

そして今日行われた400m予選5組で3着に入り、準決勝に進んだとの事です。

29日付 「赤旗」のスポーツ欄では次のように報道されています。

▽…初の世界選手権で大きな一歩を踏み出した。男子400m予選で両足義足のピストリウスは、自己ベストに次ぐ45秒39で準決勝進出。「きょうここで走れたことは素晴らしい。いいレースだった」と満足そうだった。

 ピストリウスは、昨年の世界室内選手権を制したクリス・ブラウン(バハマ)らと同組。最終コーナーでは一時的にブラウンからリードを奪うが、終盤で2人に抜かれて3着に。しかし、全体で14位と健闘した。

 「何年もの間、この舞台に立つのが目標だった。ずっと努力してきたから。29日の準決勝でも、この思いを胸に力走する。(時事)





f0129416_18394579.jpg
公式ホームページはこちら

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村
ご面倒ですが、クリックのご協力よろしくお願いします。
9月議会は9月8日から始まる予定ですが、いま「仕込み」の勉強をしておかないとなかなかモノになりません。テレビでは世界陸上が始まるしで、たくさん録画予約しまくり状態です。
f0129416_2352689.jpg

by sss-takada

f0129416_18394579.jpg
公式ホームページはこちら

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村
ご面倒ですが、クリックのご協力よろしくお願いします。
先に発行された「日本共産党県議団発行6月議会だより」がダウンロードできるようになりました。

まだお読みでない方はぜひご覧ください。

高田よしかず公式ホームページ・お知らせのページです。

「高田よしかず県議会だより」も近日中にご覧いただけるようにします。


又、日本共産党中央委員会より先日発表された提言

「福島原発事故による放射能汚染から子どもと国民の健康を守る対策を」
 ~徹底した調査、迅速な除染、万全な健康管理を求める~
 
がしんぶん「赤旗」8.9月号外として発行されました。

f0129416_17495844.jpg


全文は共産党のホームページでもご覧いただけます。



f0129416_18394579.jpg
公式ホームページはこちら

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村
ご面倒ですが、クリックのご協力よろしくお願いします。
県立図書館で「人が人を裁くとき」という本を借りてこれから読むところです。著者はノルウェーの犯罪学者。この世界ではかなり有名です。犯罪者への厳罰化がよくいわれていますが、それとはまったく別のアプローチがあることをこの本は示唆してくれています。根本には日本社会との「人間観」のちがいがあると私は思っているのですが、あとは読んでからまた報告します。
f0129416_22472244.jpg

by sss-takada

f0129416_18394579.jpg
公式ホームページはこちら

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村
ご面倒ですが、クリックのご協力よろしくお願いします。
つどい参加者を中心に
「放射能から子どもを守る会(仮称)」結成へ


ちょうど1週間前の今日、白浜で開かれた「若いお母さんたちとのつどい」、その後いろんなところで話題となり、又彼女たち自身も新たな行動をおこそうと計画中です。

何らかの形でつながり続けていきたいとの思いでいましたが、その夜にはそれぞれにお礼のメールを送らせてもらったところ、すぐに嬉しい感想が寄せられ、それは次号の通信にも掲載させてもらうことに。

そして機会あるごとに、このつどいの話をさせてもらうと、「このように若いお母さんたちが集まってくれて真剣に話を聞いてくれるなんて、その事に大いに励まされる」と話題に。

日曜日にはそのうちの二人と一緒に「放射能の学習会」に参加。
そして今日、お母さんの一人が会いに来てくれて、「放射能から子どもを守る会(仮称)」をつくりたいと思うので相談にのってほしいとの事でした。昨日県議が、「簡易放射能測定器」の購入を決めたこと」を報告している事を知らせると、たいそう喜ばれ、ぜひ試させてほしいと。

自分たちにできる事、まずは学ぶことから始めたいと言われるお母さん、すでにつどいに参加された方とは連絡済みで、力あわせていこうとの事。ピースフェスタや先日のつどいからこのようなつながりが広がっていることが何よりもうれしいです。

89周年記念講演ダイジェストの中の原発の問題のところを一緒にみながら、できるアドバイスを少し。

若いみなさんの豊かな発想でやれることを大いに広げていかれる事を願いつつ、一緒にできることは協力し、しっかりと応援していきたいと思います。

そしてお母さん方が勉強するあいだ、しっかりと子どもの相手をしてくれるお父さんの姿を思い出して、この次は「若いパパとのつどい」などもいいな~とふとそう思っています。


by m-tomo

f0129416_18394579.jpg
公式ホームページはこちら

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村
ご面倒ですが、クリックのご協力よろしくお願いします。